【eBay輸出】バイヤーのブロックとレポート(通報)、事前設定でトラブル回避!

あやの
あやの
皆さん、こんにちは、あやのです!
eBay輸出をしながら自由気ままに過ごしています。

今回のテーマは「バイヤーのブロックとレポート(通報)、事前設定でトラブル回避」について紹介します。

eBayでは190ヵ国、1億人以上の人たちが利用しています。

常に気持ちの良い取引を心がけていても、どうしても関わりたくないなあ(面倒だな)と思うバイヤーとも出会ってしまいます。

そこで、事前に条件を設定して特定のユーザーからの購入を阻止する方法と、バイヤーのブロック方法、レポート(通報)の仕方を紹介します。

こんなバイヤーにはご注意

花子
先ほど、冒頭で関わりたくないバイヤーとおっしゃっていましたが、例えばどのようなバイヤーでしょうか?
はい、例をあげるとこんな感じです。
あやの
あやの
バイヤー例

  • 理不尽な理由でクレームを言われた。
  • 勝手な理由で取引キャンセルされた。
  • 代金を支払ってくれない。
  • 対応が怪しい。
  • 何度も値引き交渉してくる。…など

読者の皆さんの数だけ、関わりたくないと思うラインは違うと思います。

これはあくまでも一例ですが、取引の数が多くなってくると、このようなバイヤーと出くわすことも多々あります。

正直、トラブルを回避するというほうが難しいんですよね…。

ですが、私の生徒さんたちはむしろどんどんトラブルを経験して、数か月後には無敵状態になっていますので怖がらずに対応すればOK。

あやの
あやの

もちろん、トラブルになったら私も全力でサポートさせていただきますのでご安心を。

まずは、関わりたくないバイヤーと出会ってしまった時、アカウントをブロックする方法を次の章で紹介します。

アカウントをブロックする方法

では、まずはアカウントをブロックする方法を紹介します。

バイヤーブロック設定はここから

eBayのトップページからアクセスする場合は左上の「Hi○○(あなたのアカウント名)」のところにカーソルを合わせて「Account settings」をクリックします。

「Selling preferences」をクリックしましょう。

「Blocked buyer list」の「Edit」をクリックしましょう。

「Blocked Buyer List」の「Manage Blocked Buyer List」をクリックしましょう。

「Blocked buyer list」の枠の中にバイヤーIDまたはメールアドレスを入力します。

アカウント名が複数になった場合は「,(コンマ)」で区切りましょう。

aaaa,bbbb,cccc,という感じで
バイヤーIDとIDの間はコンマで区切るよ!
うさぎ
うさぎ

入力が終わったら「Submit」をクリックすればブロックは完了です。

ブロック後はレポート(通報)を忘れずに

レポートとは、簡単に説明するとバイヤーを通報するということです。

レポートは取引中でも行えます。
あやの
あやの

カスタマーサービスから「report buyer」と検索してみましょう。

「Report buyer」と表示されるのでクリックをし、レポートするバイヤーを選択すればOK。

太郎
レポート(通報)するとどうなるのですか?
レポートすると…

ebayが調査を始めます。

結果によってはケースが取り下げされたり、 悪質なバイヤーであればアカウントが削除されたりします。

怪しいバイヤーだなと感じたらレポートをしましょう。

花子
う~ん、でもアカウントブロックやレポートはトラブルが起こった後に行う対策ですよね?なるべく事前に回避できることは回避しておきたいのですが、それはできないのでしょうか?
花子さん、とてもいい質問をしてくださいました。
事前に条件を設定しておけばトラブル回数を減らすことが可能です!
次の章で詳しく説明しますね。
あやの
あやの

事前設定で購入を制限する

ここでは、事前に条件を設定することで以下のことが可能になります。

  1. 過去に未払いキャンセルしたバイヤーの購入制限
  2. 発送除外国にしている国からの購入制限
  3. 購入数を制限
  4. 評価数によって制限
  5. ブロックしたバイヤーから連絡がこないようにする
花子
こんなに事前設定ができるんですね!
そうなんです。
設定方法をそれぞれ説明していきますね!
あやの
あやの

設定するために、先ほどと同じページを開いておきましょう。

  1. 左上の「Hi○○」にカーソルを合わせ「Account settings」をクリック。
  2. 「Selling preferences」をクリック。
  3. 「Blocked buyer list」の「Edit」をクリック。
これで、先ほどのページ(下記の画像参照)に進めるんだったね!
うさぎ
うさぎ

バイヤーをブロックするときは赤枠のところから設定しましたが、今回は緑枠のところを設定していきます。

では上から順番に説明していくよ!
うさぎ
うさぎ

過去に未払いキャンセルしたバイヤーの購入制限

訳)○ヶ月以内に未払いキャンセルを◯回したバイヤーをブロック。

この部分ですね。

設定したい場合はチェックを忘れずにね!
うさぎ
うさぎ

①でキャンセルの回数(2,3,4,5回)。

②で期間(1ヶ月、6か月、12か月)をそれぞれ設定することができます。

上記の画像だと
「1ヶ月以内に2回の未払いをしたバイヤー」をブロックする。

という意味になりますね。

あやの
あやの

発送除外国にしている国からの購入制限

この部分ですね。

ここにチェックを入れると配送先住所が発送除外国のバイヤーをブロックすることが出来ます。

購入数を制限

訳)現在落札している、または過去10日以内に私のアイテムを○個購入したバイヤーをブロック。

過去10日間、同じバイヤーからの購入数を制限することができます。

一人のバイヤーに一定数以上の販売をしたくない場合や買い占めなどを防ぐことが出来ます。

限定品や高価なものは買い占めされやすいから
設定をして防ぐことができるよ!
うさぎ
うさぎ

赤枠のところで個数を制限することが出来ます。

上記の項目に関して、評価の数によって制限

上記の、

”現在落札している、または過去10日以内に私のアイテムを○個購入したバイヤーをブロック。”

に関して、評価の数によって制限をかけることができます。

eBayをスタートしたときは、みんな評価は0なので「評価ゼロ⁼怪しい」と決めつけてしまうのは少し違う気もしますが、読者の皆さんの中には「不安だ」と思う方がいるのも当然だと思います。

対面して販売しているわけではないので
私も評価が全くないバイヤーから購入されると
取引、ドキドキします!(笑)
あやの
あやの

その不安を少しでも無くしたい、トラブル回避したいと考えている方はチェックを入れるのも一つの方法ですよ。

ブロックしたバイヤーから連絡がこないようにする

ここをONにするとブロックしたバイヤーから私たちセラーのコンタクトが表示されなくなり、強制的に連絡ができないようにすることができます。

今後、出品する商品に適応させるか設定する

これまでの設定に一つでもチェックを入れた場合はここをONにしましょう。

最後に「Submit」をクリックすれば設定完了です。

まとめ

今回はバイヤーをブロックする方法やレポート(通報)方法、また事前に条件を設定し購入制限をおこなう方法を紹介しました。

取引を行っていると、どうしても関わりたくない、面倒だと思うバイヤーに出くわすこともあります。

その一例が以下の通りでしたね。

バイヤー例

  • 理不尽な理由でクレームを言われた。
  • 勝手な理由で取引キャンセルされた。
  • 代金を支払ってくれない。
  • 対応が怪しい。
  • 何度も値引き交渉してくる。…など

もし、トラブルに巻き込まれて、解決できたとしても、また同じ相手に購入されて同じようなトラブルになったらどうしようと不安になってしまいますよね。

そんな時に便利な機能がブラックリストに登録してブロックすること、怪しいと思ったらレポート(通報)することを最初に紹介しました。

でも、できることなら
トラブルは事前回避したいですよね。
あやの
あやの

次に紹介したのは、事前に条件を設定することでバイヤーの購入制限を行う方法でした。

その方法を行うことで以下の設定が可能になるとお伝えしましたね。

  1. 過去に未払いキャンセルしたバイヤーの購入制限
  2. 発送除外国にしている国からの購入制限
  3. 購入数を制限
  4. 評価数によって制限
  5. ブロックしたバイヤーから連絡がこないようにする

詳細はそれぞれ記事内で紹介していますので参考にされてくださいね。

あやの
あやの
また、現在、人数を限定して無期限コンサル生を募集しています!

ありがたいことにたくさんの方からご連絡、ご相談を頂き本当に感謝しかありません!

やってみたいけど、一人じゃできるか不安、なかなか一歩が踏み出せない…などお困りの方に、一生懸命サポートさせていただきたいと思っております。

少しでも興味をもって頂けた方、ご連絡いただいた方から優先的にメッセージを返させていただきますので、気になる方はLINEやTwitterから質問だけでもお気軽にどうぞ!

あやの
あやの
下記の画像をクリックして頂ければコンサルサポートの詳細をご覧いただけます。
ayano-banner

 

この記事が気に入ったらフォローしよう!