【初心者必見】eBayバイヤープロテクションとは!?

あやの
こんにちは、あやのです。

eBay輸出をしながら自由気ままな生活を送っています。

太郎

・バイヤープロテクションってなに?

・バイヤープロテクションってどんな内容なの?

と疑問をお持ちのあなたの悩みを解決できる記事になっています。

読み終えていただければ、バイヤープロテクションとはどんなサービスなのかを理解することができ、eBayをより有効的に運用することができます。

eBayバイヤープロテクション(買い手保護保障制度)とは?

もしあなたが、eBayで商品を購入したものの、

「手元に届かなかかったらどうしよう、、」

「注文したものと違うものが届いたらどうしよう、、」

そんな不安を感じたことはありませんか?

 

その悩みを解決する方法があります。

それがこの、eBayバイヤープロテクション(買い手保護保障制度)というものです。

分かりやすくいうと、取り引きの際に問題が発生した場合にセラーからバイヤーを守る制度のことです。

セラー側にとっては少しネックとなる場合がありますが、この制度があるからこそ、安心してバイヤーに商品を買ってもらうことができるんです。

eBayにおいて、バイヤーは常に守られているようなイメージがありますが、この制度があることが要因だったんですね。

 

それでは、この制度はどのように利用されるのか見ていきましょう。

eBayバイヤープロテクションが使用されるタイミング

バイヤープロテクションが使われる状況、タイミングについてお伝えしていきます。

バイヤープロテクションとは、バイヤーがこの制度を使用する権利を持っていて、明らかにセラーの対応に悪意があると判断される場合に使われます。

この制度が使用される前に一度セラーに連絡が来る場合が多いですが、それでも解決しない場合にeBayが制度を通じて仲介を行います。

例えば、このような状況です。

・バイヤーが商品を購入後、入金をしたにもかかわらず、商品を受け取れていない

・セラーから配送連絡はあったが、手元に商品が届いていない

・到着した商品が、注文した内容と違う(出品情報との異なり)

・届いた商品が破損していた

このような状況になったとき、バイヤーは助けを求めることができるんですね。

eBayバイヤープロテクションの内容とは

では実際に、eBayバイヤープロテクションが使用されたらどうなるの?詳しい内容は?ということについてお伝えします。

結論からお伝えすると、

eBayがバイヤー側に責任がないと判断した場合、バイヤーのもとに支払った商品代金と送料全額が払い戻しされます。

セラーがどんなにきっちりと対応を行っても、eBay側の判断で強制的に返金されるケースもありますので要注意です。

このようなケースが続けて起こった場合には、さらに厳しいペナルティが課せられてしまいます。

ペナルティの例としてはこんな感じです。

・アカウントの利用制限、利用停止

・アカウント権限に制限がかけられる

・パワー・セラー(Power Seller)またはトップ・レイテッド・セラー(TRS:Top Rated Seller)ステータスの喪失、それに関連する手数料割引の喪失

上記のような制限をかけられてしまうと、アカウント運用していくのはかなり難しくなってしまいます。

eBayでは、基本的にバイヤーの立場が優先されがちなので、

常にバイヤーの立場になって考え、問題が起きてしまっても迅速に、丁寧に対応することが大事ですね。

バイヤープロテクションの内容は頻繁に更新されるので、定期的に確認を行っておきましょう。

《Buyer protection アメリカ版》

eBayレゾリューションセンターとは?

eBayレゾリューションセンターとは、分かりやすくお伝えすると、

”セラーとバイヤーの問題を解決する専用場所” のようなものです。

先ほどお伝えした、バイヤープロテクションもこちらで使用されます。

ebayがセラーとバイヤー間の問題を強制的に解決へ結びつけるところで、問題の詳細を調べたり、証拠の提出等を求められる場合があります。

 

各国でサイトはバラバラになりますが、アメリカ版のサイトはこちらからご覧ください。

Resolution Center アメリカ版

まとめ

・eBayバイヤープロテクション(買い手保護保障制度):バイヤーをセラーから守る制度のこと。

・eBayバイヤープロテクションが使用されるタイミング:商品が届かない場合や、商品の破損があった時など。セラーとバイヤー間で連絡がつかない時にも使用される。

・eBayバイヤープロテクションの内容:バイヤー側に責任がないと判断がされた場合、セラーは強制的にバイヤーへ返金を行わなければならない

・eBayレゾリューションセンター:eBayがセラーとバイヤーの問題を強制的に解決する場所のこと

eBayバイヤープロテクションについて理解することが出来ましたか?

強制的に返金が行われたり、アカウントに制限がかけられてしまったりと、セラーにとってはデメリットもある制度です。

しかし、これらの内容をよく理解した上で、バイヤーに対してより親切・丁寧なサービスを行っていけば大きな問題が起きるリスクは下げることが出来ます。

バイヤーとのいいコミュニケーションを心がけ、安全なeBay輸出を行っていきましょう。

この記事が気に入ったらフォローしよう!