【eBay輸出】20万円以上の商品を発送する際には通関委任状が必要!書き方も紹介!

あやの
あやの
皆さん、こんにちは、あやのです!
eBay輸出をしながら自由気ままに過ごしています。

今回のテーマは「20万円以上の商品を発送する際には通関委任状が必要!書き方も紹介!」です。

皆さんは、20万円以上の商品を輸出する際に「通関委任状」が必要なのをご存じですか?

花子
そうだったんですね…というかまず、20万円以上の商品を取り扱うことなんて私にとってはまだ先な気がします…。
そんなことないよ!
同じバイヤーさんがたくさん商品を購入してくれて
合計20万円以上になることだって否定できないよね?
うさぎ
うさぎ
花子
あ…確かに…。否定はできないかも。

【eBay輸出】EUのVATの徴収方法の変更とIOSSの導入でセラーがすること

【eBay輸出】まとめ買い割引、同梱設定を活用して送料を安くしよう!

長く輸出業をしている方であれば、「通関委任状」の存在を知ってるでしょう。

しかしまだ始めたばかりの人にとっては「なんだか難しそう」「面倒そうな手続きだな」と思っているかたもいらっしゃるかもしれません。

あやの
あやの
大丈夫です!手続きは簡単です!

もしも知らずに20万円以上なのに通関委任状を用意していないと「書類不足」で商品が返送される可能性も。

記入の仕方も一緒に説明するので一緒に学んでいきましょう。

通関委任状とは?

2009年の2月に通関手続きの見直しによって「20万円を超えるものを海外へ送る(輸出)又は海外から送ってもらう(輸入)の際、原則として税関へ輸出入の申告を行い許可をもらわなければいけない」というふうになりました。

花子
でもどうして通関委任状が必要なんですか?

それは通関業者が依頼者(私たち)の代わりに通関手続きを代行しているということを示す必要があるから。

流れをわかりやすくすると下記のボックスのような感じになります。

イメージ

花子(依頼者)
代わりに通関手続きをお願いします!

↓通関委任状が通関業者に渡る。

通関業者
依頼者の代わりに通関手続きを行いに来ました!

↓通関委任状を税関に渡す。

税関
わかりました。では手続きを行っていきます…。
 

こんな感じです!

うさぎ
うさぎ
また「輸出申告代行手数料」は一件につき、2,800円必要になるから覚えておこう!

引用:郵便局HP「輸出しようとする郵便物に関する通関業務規約」より

発送する際の手続きの仕方

気になるのが、20万円以上の商品を送る場合、どのような手続きをすればいいかですよね。

花子
素朴な疑問なんですが、例えば10万円分の段ボールが2箱の場合も合計が20万円ですよね?その場合も通関委任状っているんですか?

例え1梱で20万円を超えていなくても、同じ差出人で同じ宛先、同日発送で合計が20万円を超える場合、通関委任状が必要です。

参照:郵便局「外国あて郵便物の通関手続のご案内」より

うさぎ
うさぎ
では手続きの仕方を説明するね。

①まず、郵便局へ行って郵便物を差し出す際に窓口で「通関手続きの案内」を受けます。

②通関手続きを「自分で行うか」「委任するか」聞かれると思いますので「委任する」の一択で行きましょう!

※この手続きを個人で行おうとするとかなりの手間と時間がかかり大変です。

自分で行うより委任した方があとは任せっきりでOKですのでぜひ活用していきましょう。

うさぎ
うさぎ
通関委任状のほかにもインボイスなどを一緒に添えないといけない場合もあるけど、手続きはこれで終わりだよ。

通関委任状の入手方法と書き方

通関委任状の書式に特に決まりはありません。

EMSや国際小包を利用するのであれば日本郵便の通関委任状が便利です。

花子
通関委任状はどこで手にいれることができるんですか?
あやの
あやの
それは、郵便局のホームページで
ダウンロードできますよ!
下記からアクセスもできますので
よければどうぞ~!

参照:郵便局公式ページより「通関委任状のダウンロード」

ダウンロードをして記入するのもいいですし、エクセルのフォーマットに直接記入して作成してもOKです。

通関委任状の書き方

「輸出申告代理手数料の収納種別」の欄については、希望があれば引受時に伝えましょう。

「輸出しようとする郵便番号」についてはEMSや国際小包などの管理番号を記入しましょう。

赤枠のところは、読者の情報を記入しましょう。

うさぎ
うさぎ
日本語で問題ないよ!

まとめ

今回は通関委任状について紹介しました。

通関委任状とは2009年の2月に通関手続きの見直しによって「20万円を超えるものを海外へ送る(輸出)又は海外から送ってもらう(輸入)の際、原則として税関へ輸出入の申告を行い許可をもらわなければいけない」書類です。

なぜこの書類が必要なのかというと通関業者が依頼者(私たち)の代わりに通関手続きを代行しているということを示す必要があるからです。

流れをわかりやすくすると下記のボックスのような感じでしたね。

イメージ

花子(依頼者)
代わりに通関手続きをお願いします!

↓通関委任状が通関業者に渡る。

通関業者
依頼者の代わりに通関手続きを行いに来ました!

↓通関委任状を税関に渡す。

税関
わかりました。では手続きを行っていきます…。
 

※この手続きを個人で行おうとするとかなりの手間と時間がかかり大変です。

自分で行うより委任した方があとは任せっきりでOKですのでぜひ活用していきましょう。

「輸出申告代行手数料」は一件につき、2,800円必要になります。

また、花子さんがこのような質問をしてくれましたね。

花子
例えば10万円分の段ボールが2箱の場合も合計が20万円ですよね?その場合も通関委任状っているんですか?

こちらの質問の答えは、例え1梱で20万円を超えていなくても、同じ差出人で同じ宛先、同日発送で合計が20万円を超える場合、通関委任状が必要です。

通関委任状は郵便局のHPよりダウンロードできますし、書き方もとっても簡単なので20万円以上の商品を発送する際は忘れないようにしましょう。

あやの
あやの
また、現在、人数を限定して無期限コンサル生を募集しています!

やってみたいけど、一人じゃできるか不安、なかなか一歩が踏み出せない…など、人の数だけ悩みや不安があると思います。

少しでも興味をもって頂けた方、ご連絡いただいた方から、優先的にメッセージを返させていただきますので、気になる方はLINEやTwitterから質問だけでもお気軽にどうぞ!

あやの
あやの
下記の画像をクリックして頂ければコンサルサポートの詳細をご覧いただけます。
consulting

 

 

 

この記事が気に入ったらフォローしよう!