【eBay輸出】未払いキャンセルの自動設定をしよう!

あやの
あやの
皆さん、こんにちは、あやのです!
eBay輸出をしながら自由気ままに過ごしています。

今回のテーマは「未払いキャンセルの自動設定をしよう!」です。

皆さんは、eBayで商品が購入された後、バイヤーからなかなか支払いがない…と困ったことはありませんか?

花子
この前、オークションで落札してくれたバイヤーからまだ支払いがないんですよね~
そんな時は、未払い自動キャンセル設定をおすすめするよ!
うさぎ
うさぎ
花子
そんなことができるんですか?

実はこの機能、2021年の春のアップデート時に追加されたものなので、花子さんのように最近eBayを始めた方の中には知らない方もいらっしゃると思います。

設定もすごく簡単なので
ぜひ参考にされてください。
あやの
あやの

以前までのキャンセル手順

以前のキャンセル手順はこのような感じでした。

その流れは下記の通りです。
あやの
あやの
  • 落札後2~3日経っても支払いがない場合は、バイヤーに催促メッセージを送る。
  • インボイス(請求書)を送る
  • 手動でケースをオープンする。
  • 手動でケースをクローズする。
  • 手動で商品の再出品
花子
結構しなくちゃいけないことがあったんですね…
そうですね…。
でも、今ではセラーが行うことは期日の5日後に手動または自動で取引をキャンセルするだけなんです!
あやの
あやの

未払い自動キャンセル設定によりできること

  • eBayがバイヤーに支払い期日のメッセージを自動送信
  • 未払いが理由で注文をキャンセルしても、バイヤーはセラーにフィードバックが残せなくなる。
  • 5日経過しても未払いの場合、取引キャンセル可能
  • 取引キャンセル後、商品を再出品するかは選択できる。

それぞれ説明していきます。

eBayがバイヤーに支払い期日のメッセージを自動送信

以前までは、セラーがバイヤーに催促メッセージを送らなければいけないと先ほどお話ししましたね。

自動送信できる設定は一応あったんだけどね
うさぎ
うさぎ

しかし、設定をしていることでeBayが落札者に支払い期日のメッセージを送ってくれます。

未払いが理由で注文をキャンセルしても、バイヤーはセラーにフィードバックが残せなくなる。

例えば、未払いだからと取引をキャンセルをしたあと「支払いをするつもりだったのにキャンセルされた」などバイヤーから不当なネガティブフィードバックを付けられる可能性がありました。

しかし、現在では未払いを理由に取引がキャンセルされてもバイヤーはフィードバックを残せなくなりました。

セラーを守るためだね。
うさぎ
うさぎ

5日経過しても未払いの場合、取引キャンセル可能

以前は落札後2~3日経っても支払いがない場合、私たちセラーはeBayに返金を要求、申告をしなければいけませんでした。

しかし、アップデート後はその必要がなくなりました。

その代わり手動、または自動で取引キャンセルできるようになっています。

取引キャンセル後、商品を再出品するかは選択できる。

手動でキャンセルする時、商品を出品するか選択できます。

ただ、キャンセルするごとに再出品するのが面倒!という人は自動で再出品できる機能もあるよ。
うさぎ
うさぎ

未払い自動キャンセル設定方法

デフォルトでは、キャンセル方法は「手動」になっていますので自動にしたい場合は必ず設定を行いましょう。
あやの
あやの

まず、eBayのトップページへ進みましょう。

左上の「Hi 〇〇(あなたのアカウント名)」のカーソルに合わせて「Account settings」をクリックしましょう。

「Selling preferences」をクリックします。

「Preferences for items awaiting payment」という項目がありますので、右側の「Edit」をクリックします。

すると、このような画面に進みます。

1つずつ説明しますね!
あやの
あやの

①未払いの時、自動キャンセルするか設定する

「Automatically cancel unpaid items」をオンにすると未払いの場合、自動キャンセルされるようになります。

②注文(落札)後、未払いが何日経過したら自動キャンセルするか日数を決める。

「Select how long buyers have to pay for items. After that time, items still awaiting payment are automatically canceled.」では落札や商品を購入されてから自動でケースオープンするまでの期間を決めることができます。

期間は「4、7、11、19、27、30日」から選択できるよ
うさぎ
うさぎ
花子
すみません…なぜか30日しか選択できません!
その場合は次の順番で設定を行いましょう。
あやの
あやの

●まずは「ここ」をクリックしてください。

●「Allow combined payments and shipping」の「Combined payments」の項目の「Edit」をクリックします。

●「Allow buyers to send one combined payment for all items purchased」にチェックを入れて「Seve」をクリックすればOKです。

③自動再出品の設定

「Automatically relist canceled items」をオンにすると、取引がキャンセルされた後に商品の自動出品してくれるようになります。

手動で再出品したい場合はオフのままにしておきましょう。
あやの
あやの

④自動設定を適応しないバイヤーIDが入力できる

「If you want to exclude buyers from having their items awaiting payment automatically canceled, list them here.」

ここの項目にバイヤーIDを入れておけば、入力されたIDは個別で無効化させることができます。

  • 取り置き希望の常連さん
  • 同梱希望のバイヤー

このような方がいる場合は枠の中にIDを入力しましょう。

複数のIDを入力する場合は「カンマ」で区切りましょうね。
あやの
あやの

最後に「Save」をクリックすれば設定完了です。

手動で取引キャンセルする場合

5日経過してもバイヤーの支払いがない場合、eBayから「Buyer hasn’t paid(バイヤーの未払い)」という理由でキャンセルを取引をするよう、通知が届きます。

セラーハブやMy eBay soldから確認ができますのでそこから手動でキャンセルを行いましょう。

まとめ

今回は、未払い自動キャンセル設定について紹介しました。

以前のキャンセル手順はこのような感じでした。

その流れは下記の通りです。
あやの
あやの
  • 落札後2~3日経っても支払いがない場合は、バイヤーに催促メッセージを送る。
  • インボイス(請求書)を送る
  • 手動でケースをオープンする。
  • 手動でケースをクローズする。
  • 手動で商品の再出品

ですが現在では、セラーが行うことは期日の5日後に手動または自動で取引をキャンセルするだけでOKだと説明しました。

未払い自動キャンセル設定については記事内で紹介しているのでぜひ参考にされてくださいね。

あやの
あやの
また、現在、人数を限定して無期限コンサル生を募集しています!

ありがたいことにたくさんの方からご連絡、ご相談を頂き本当に感謝しかありません!

やってみたいけど、一人じゃできるか不安、なかなか一歩が踏み出せない…など、人の数だけ悩みや不安がある方、一生懸命サポートさせていただきたいと思っております。

少しでも興味をもって頂けた方、ご連絡いただいた方から優先的にメッセージを返させていただきますので、気になる方はLINEやTwitterから質問だけでもお気軽にどうぞ!

あやの
あやの
下記の画像をクリックして頂ければコンサルサポートの詳細をご覧いただけます。
consulting

 

 

この記事が気に入ったらフォローしよう!