時間が足りない!?細分化して自分の時間を増やす方法

あやの
こんにちは、あやのです。

eBay輸出をしながら自由気ままな生活を送っています。

太郎

・毎日やらないといけないことはあるけど、時間が足りないなあ。

・もっと自由に使える時間が欲しいなあ。

とお悩みのあなたに、ぜひ読んでいただきたい記事になっています。

読み終えていただければ、どのようにして時間を増やすことができるのかを理解することができます。

時間は有限であることを知る

まず、時間の増やし方を考える前に、時間は有限であるということを知っておく必要があります。

時間は取り戻すことができず、非常に貴重なものです。

一方、それ以外の物やお金に関しては、自分自身の行動で増やすことができます。

世の中で、時間を節約できるようなものに魅力を感じるのは、この”時間は有限”という前提があるからなんですね。

時間が足りないということが作業効率を落とすことに繋がるので、時間を確保する、時間を増やすことは非常に重要なことですね。

時間が足りない原因を探る

あなたにはなぜ時間が足りないのか、それを探っていきましよう。

無駄な時間が多いのか、それともやることをたくさん詰め込みすぎているのか。

時間が足りないと感じるには人それぞれではありますが、何かしら理由があるはずです。

これを理解することで、あなたは時間をよりコントロールすることができ、密度の濃い時間を送ることが可能になり生産性もあげることができます。

それでは、時間がどうして足りないのか実際に探っていきましょう。

時間の細分化を行う

1日のスケジュールの洗い出し

まずは、1日にやろうとしていること、スケジュールの洗い出しを行います。

なぜこのような作業を行うかと言うと、1日の時間は限られていて、集中力の続く時間も限られているからです。

限りある時間の中で、自分自身が何をやろうとしているかをあらかじめ知っておく必要があります。

例えば、リサーチを○時間、発送に○時間、食事に○分など片っ端から書き出していきます。

はじめにこれらを書き出すことで、作業内容の断捨離、優先順位の決定を行うことができます。

スケジュールの断捨離を行う

次に、あなたが本当に必要だと思う作業を取り出していきます。

と言うのも、1日が24時間なのはみんなに平等なので、24時間以上の作業を1日に詰め込むことはできません。

たとえどれだけ仕事ができる人であったとしても、1日に25時間の作業をすることはできないのが事実です。

あなたが達成したいことに繋がる、本当に必要なことを真剣に考えてみてください。

これも一応入れておこうというくらいのレベルのものは、思い切って省いてみましょう。

優先順位を決める

スケジュールの断捨離を行った後に必要なるのが、優先順位を決めることです。

断捨離を行えても、優先順位をきっちり決めることができなければ時間を生み出すことはできません。

例えば、eBay輸出を中心に生活をしている場合を考えてみてください。

本当にしないといけないことは何かしらeBayに関する作業のはずです。

しかし、とりあえず本を読むのが好きだからという理由で、毎日本を読む方に多く時間を割くとしましょう。

もちろん本を読むことは悪いことではありませんが、これでeBayの作業に使う時間が少なくなってしまっては本末転倒ですよね。

このような事態にならないようにするためにも、まずは本当にするべき必要なこと、それを自分自身に問いかけます。

重要だなと感じることを上から順番にどんどん書き出していきましょう。

これができれば、自分自身で時間を生み出すまで後少しです。

スケジュール化をして落とし込む

タスクを洗い出し、本当に必要ことを絞り出し、優先順位を決めることができたら、スケジュール化をして日々の生活に落とし込んでみましょう!

やることは簡単です。一番重要なことから順番にスケジュール配置し、その順番にタスクをこなすだけです。

一番大事なことをはじめに配置することで、必ずやるしかない状況に自分自身がおかれます。

私自身も以前は、自分のやらないといけないことは理解しつつも、どうしても後回しにしてしまい、かなり追い込まれてからでないとできない状態でした。

スケジュールを立てるところまではたどりつくも、結局重要ではない、自分自身がやりたいだけのことに時間を割いてしまい時間がなくなる。その結果、本当にしないといけないことに使う時間が残されていない。

やらなきゃいけないのは分かってるけど、時間が無いから明日やろっかー。そんな感じです。

典型的な、後回し型人間ですね。笑

でも、ある時これでは一生進めないし、ストレスもたまるし、やらないといけないことを片付けられないし、最悪のループであることに気づきました。

これを解消する方法が、重要なことを一番はじめにやるということです。

これで逃げられない状況が出来上がり、少々時間が伸びてしまっても影響が出るのは優先度が低いものに対してですね。

やり始めて最初の頃はかなり抵抗がありますし、誘惑に負けそうになりますが、それを乗り越えて慣れてきたら勝ちです。

慣れて習慣化すれば、気づいた頃には作業効率も上がり、やらないといけないことに追われるというストレスからも解放され、自然と時間も増えていくでしょう。

時間を増やすための行動、修正を繰り返す

スケジュール化して、行動に移すことができたら、さらにその上のレベルを目指していきましょう。

さらに上のレベルとは、具体的にいうと行動の結果を検証してみることです。

よくビジネスを行う中でPDCAを回せと言いますが、これと同じ原理です。

スケジュールを動かしてみて結果が実際に出ているかを確認します。

思っているような結果が出ていないということは、どこか修正が必要ということですよね。

修正をせずに行動を続けていてもそれこそ貴重な時間を無駄にしてしまいます。

行動し、修正、また行動。これの繰り返しを行うことでさらに有効的に時間を使うことができ、時間を増やすことができます。

時間は密度、濃さが重要です。

スケジュール化し、生み出した時間を無駄にしないためにも、埋め込んだタスクもさらに細分化し、内容の濃いものにしていきましょう。

まとめ

・時間は有限であることを知る:時間の重要性、時間は何よりも貴重であることを知る。

・時間が足りない原因を探る:時間が足りないのには、何かしら原因があるはず。時間を増やすためにはまずこの原因を探ります。

・時間の細分化を行う:1日のスケジュールを洗い出し、本当に必要な作業を優先順位順に並べます。細かくスケジュール化し重要なことから順番にやっつけていきます。

・時間を増やすための行動、修正を繰り返す:行動し、それを検証してさらに必要なことを洗い出して行動する。これを繰り返し行うことでより濃い時間を手に入れることができ、結果時間を増やすことにも繋がる。

タスクを洗い出して細分化し、重要度の高いタスクからスケジュール化することで時間を生むことができるんですね。

この記事が気に入ったらフォローしよう!